クレジットカードのキャッシング枠は金利が高い…!カードローンとの違いと返済方法・注意点

クレジットカードのキャッシング枠を利用したことがあるという方は、意外と多いのではないでしょうか?

一方、クレジットカードのキャッシングに似たものとしてカードローンがありますが、違いをご存じでしょうか。

お金を借りるという意味では、ほとんど同じ機能のキャッシングとカードローンの違いを正確に理解している人は少ないのではないかと思います。

そこで、この記事ではクレジットカードのキャッシングについて、審査や金利、利用方法、返済方法などを解説するとともに、カードローンとの違いやおすすめのカードローンなどを紹介します!

クレジットカードのキャッシング枠とは

クレジットカードのキャッシング枠とは、買い物するための「ショッピング枠」とともにクレジットカードに付帯している現金の借入れができる機能のことです。

クレジットカードがあれば、銀行やコンビニ、郵便局などのATMで現金を引き出せるためとても便利な機能となっています。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠同様、利用限度額が決められているため、その範囲内でしか利用することができません。

クレジットカードのキャッシング枠を利用するにあたっては、ショッピング枠との関係で注意点があります。

例えば、ショッピング枠100万円、キャッシング枠30万円のクレジットカードがあるとします。

そうすると、クレジットカード全体の利用限度額は130万円(ショッピング枠100万円 + キャッシング枠30万円)と考えてしまうかもしれません。

しかし、このケースのクレジットカード全体の利用限度額は、ショッピング枠と同じ100万円になります。

つまり、キャッシング枠はあくまでもショッピング枠の一部にすぎないということです。

この場合、キャッシング枠30万円を利用した場合、残りのショッピング枠は70万円となります

キャッシング枠の審査

クレジットカードのキャッシング枠は付帯機能と解説しましたが、キャッシング枠を利用するためには審査があります

ただし、審査の申込み自体は簡単で、多くのクレジットカードでは申込みの際に「キャッシング枠を利用するかどうか」「希望する利用限度額」などを希望することによって、申し込むことができます!

キャッシング枠の審査は、クレジットカードの申込みの際に申告した申込者の属性情報(職業、勤続年数、年収など)や信用情報(過去のクレジットカードやローン利用履歴)などによって行われます。

そのため、必ずしも希望したとおりにキャッシング枠の利用限度額が設定されるとは限りません。

また、クレジットカードを申し込む際にキャッシング枠の設定をしなかったとしても、申し込んだ後にキャッシング枠の設定を申し込むことも可能です。

クレジットカード会社にキャッシング枠を設定したい旨を、申し込めば審査をしてくれるからです。

クレジットカードキャッシングは金利が高い

クレジットカードに付帯しているキャッシングの金利は、カードローンと比べると高くなっています

カードローンとは個人向けの融資サービスのことで、銀行などの金融機関や貸金業者が提供しています!

では、どうしてクレジットカードに付帯しているキャッシングの金利は、カードローンの金利よりも高いのでしょうか?

この理由としては、クレジットカードのキャッシングが付帯機能であるのに対し、カードローンは借入れがメインの機能になっているからです。

この付帯機能とメイン機能の違いは、利用限度額の違いにも現れています。

つまりクレジットカード付帯のキャッシングの利用限度額よりも、カードローンの利用限度額のほうが高めに設定されているのです。

この他のクレジットカード付帯のキャッシングとカードローンの違いについては、後ほど解説します!

クレジットカードのキャッシング枠の利用方法

クレジットカードのキャッシングは、申込み時に希望して審査に通れば、いつでも利用可能です。

つまりクレジットカードが自宅に届いたと同時に、キャッシングを利用できるということです。

クレジットカードのキャッシング利用方法について解説していきましょう。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードさえあれば、提携している銀行やコンビニのATMを利用することにより借入れすることができます

ATMにおけるキャッシングの操作方法
  1. クレジットカードを挿入
  2. 「お引き出し」ボタンを選択
  3. 4桁(けた)の暗証番号を入力
  4. ご利用金額を入力(1万円単位で借入可能)
  5. 「お借り入れ」ボタンを選択
  6. 返済方法を選択(1回払い・リボ払い)
  7. クレジットカード、ご利用明細表を受け取り、現金を受け取る

ATMでクレジットカードのキャッシングを利用する場合、注意すべきは次の2点になります!

  1. 1万円単位で借入可能
  2. キャッシングする際は、返済方法(1回払い or リボ払い)を選択

「リボ払い」については、後ほど解説します。

また、銀行やコンビニによってATMの操作方法が若干違っていますが、画面の案内に従って操作すればほとんど問題ありません。

さらにATMでキャッシングを利用する(借入・返済)際には、原則として手数料がかかりますが、手数料無料のクレジットカードもあります。

そのため、手数料を節約したいという方は、クレジットカードを申し込む前にATMでキャッシングする際の手数料を調べておくことをおすすめします!

ATM以外のキャッシングの利用方法としては、自身の「口座への直接振込み」が挙げられます!

インターネットや電話で申し込むことによって、クレジットカード会社が自身の口座へ直接現金を振り込んでくれる方法です。

ただし、すべてのクレジットカードが対応しているわけではないので、確認する必要があります!

キャッシングの返済方法は?

クレジットカードのキャッシングで借り入れたら、返済しなければなりません。

キャッシングの返済方法には、①一括払い(キャッシング1回払い)、②リボ払い(キャッシングリボ)の2つがあります。

①一括払い(キャッシング1回払い)

一括払いは、キャッシングで利用した金額を毎月の返済日に1回で返済する方法です。

一括払いのメリットは、利息を最小限に抑えることができるため、返済総額が安くなることです。

②リボ払い(キャッシングリボ)

リボ払いは、キャッシングで利用した金額を毎月金利を含めた一定の金額で、少しずつ返済する方法です。

リボ払いは毎月の返済額を最小限に抑えられるというメリットがありますが、返済期間が長くなる分、利息が高くなることから、返済総額が高くなってしまうというデメリットがあります。

キャッシングの返済方法はこの2つですが、ここからは「コンビニでの返済方法」「キャッシングリボ」について、解説します。

コンビニでの返済方法

既に解説したとおり、クレジットカードのキャッシングは、銀行やコンビニのATMで借入れすることができます。

借入れした金額は、銀行やコンビニのATMで返済することもできます。

コンビニでの返済方法は、以下のようになります。

ATMにおけるキャッシングの操作方法
  1. クレジットカードを挿入
  2. 「お引き出し」ボタンを選択
  3. 4桁(けた)の暗証番号を入力
  4. ご利用金額を入力(1万円単位で借入可能)
  5. ご返済」ボタンを選択
  6. 返済方法を選択(1回払い・リボ払い)
  7. クレジットカード、ご利用明細表を受け取り、現金を受け取る

キャッシングリボ

キャッシングリボとは、キャッシングのリボ払いの略です!

リボ払いについては簡単に解説しましたが、わかりにくい点があるかと思いますので、具体例を交えながら詳しく解説します。

リボ払いは、キャッシングで借入れした金額を毎月少しずつ返済していく方法であることから、毎月の返済額を最小限に抑えられるというメリットがあります。

一方で、返済期間が長くなればなるほど、利息が高くなってしまうため、返済総額が高額になるというデメリットがあります

そのため、リボ払いを利用する際は、一括払いと比べてどのくらい返済額が多くなってしまうかなどを調べるなど慎重に利用する必要があります。

そこで、ここでは具体例を示して、一括払いとリボ払いで返済する場合の返済総額を比較したいと思います。

例えば、100万円を金利15%でキャッシングした場合の返済総額は以下のようになります。

MEMO
利息の計算式:利息=借入金額×金利×借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)

とすると、利息は次のようになります。

期間 利息 返済総額
一括払い 1ヶ月(30日) 12,329円 1,012,329円
リボ払い 1年 150,000円 1,150,000円
2年 300,000円 1,300,000円

このようにキャッシングを利用する際、返済方法として一括払いとリボ払いを選んだときの利息を比べた場合、リボ払いは一括払いの10~20倍以上の利息の負担を強いられることになります

そのため、クレジットカードのキャッシングを利用した金額を返済する場合、リボ払いではなく一括払いにしたほうがメリットが大きいので、一括払いをおすすめします!

キャッシングとカードローンの違い【金利が安いのはどっち?】

クレジットカードのキャッシングとカードローンは、銀行やコンビニのATMで借入れができるという点ではほとんど同じですが、いくつかの違いがありますので解説します。

まず、金利ですが、クレジットカードのキャッシングの金利よりも、カードローンの金利のほうが低めに設定されています

次にクレジットカードのキャッシングの利用限度額よりも、カードローンの利用限度額のほうが高めに設定されています。

さらにクレジットカードにはショッピング枠があるのに対し、カードローンにはショッピング枠はありません。

まとめると、次のようになります。

<クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い>

  クレジットカードのキャッシング カードローン
金利 15.0%~18.0%(高い) 3.5%~15.0%(低い)
利用限度額 低い 高い
ショッピング枠  あり なし

金利がクレジットカードのキャッシングよりも、カードローンのほうが低めに設定されているのは、キャッシングがクレジットカードの付帯機能であるのに対し、カードローンは借入れがメインの機能になっているからです。

利用限度額におけるクレジットカードのキャッシングとカードローンの違いも、同じ理由です。

そのため、クレジットカードだけでなく、カードローンをサービスとして提供している会社は、借入れをする場合はカードローンを利用するよう促している場合もあります。

クレジットカードのキャッシングよりもカードローンのほうがお得に利用できるため、メリットが大きいと言えます。

もし、クレジットカードのキャッシングを利用している方は、カードローンを利用することをおすすめします!

大手消費者金融が発行するおすすめクレジットカード

即日発行OK!アコムACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターは、審査が完了するまで最短30分しかかからない年会費永年無料のクレジットカードです。当日にカードを受け取って即日利用したい方は場合は、アコムの無人機で発行できます。

iD決済やQUICPay、ApplePayなどの各種キャッシュレス決済にも対応しています!

還元率は0,25%なので還元率が良いとは言えませんが、とにかく早急にクレジットカードが手元に必要!キャッシングは金利が高いからできるだけ避けたい!という方にはおすすめのクレジットカードです。

ACマスターカードの公式サイトでは3秒審査でカード発行ができるかチェックできます。

\最短30分で審査完了!/

モビットnext(Tカードプラス)

モビットネクスト

SMBCモビットnext(Tカードプラス)は、三井住友カードが発行するクレジットカードですが、カードローンとしての機能も兼ね備えている一体型のカードです。

年会費は無料で、利用額に応じてTポイントを貯めることができます。還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと比較するとあまりよくはありませんが、ウェルシア薬局やハックドラッグなどの利用では還元率が1%となります。

モビットネクストは、クレジットカードとカードローンの機能を兼ね備えているため、2段階審査が必要です。そのため、審査結果が出るまでに4営業日ほどかかります。

即日クレジットカードが手元にほしいという方は、ACマスターカードもしくはカードローンの利用を検討してくださいね!

\最短30分で審査完了!/

【即日融資が受けられる】おすすめのカードローン4選

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いから、クレジットカードのキャッシングよりもカードローンのほうがお得であるため、メリットが大きいことがわかりました。

そこで、ここでは即日融資が受けられる、おすすめのカードローン4選を紹介します。

①アコム

アコム

アコムは、大手消費者金融会社の中でも利用者が多く、業界No.1のシェアを誇っています。

最短30分で審査結果の回答、最短1時間で融資可能、土日祝日でも即日融資可能というように、利便性が高くて利用しやすいのが特徴です。

アコムを利用するメリット

  • 利用可能金額は 1万円~800万円
  • 利用用途に制限なし
  • 30日間金利0円サービス
  • 利用者の都合に合った方法お借入と返済が可能
金利 3.00〜18.00%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
web完結 可能
無利息期間 有り
在籍確認 有り
学生の利用 可能

アコム申し込み時に免許証以外で使える本人確認書類

本人確認書類 ・健康保険証(表と裏)
・パスポート(写真・住所記載部分)
・マイナンバーカード(表面のみ)
補足書類(発行日から6ヵ月以内のもの) 住民票の写し、公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHK等)
\最短30分で即日融資可能/

②SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットには他の消費社金融会社のような無利息サービスはありません。

しかし、原則として勤務先に電話をかけずに審査を実施するWEB完結などの独自サービスがあり、プライバシーの配慮が非常に整っているカードローンとなっています。

SMBCモビットを利用するメリット

  • 最短10秒簡易審査可能
  • 最短即日融資可能
  • 来店不要でカード発行可能
  • WEB完結の利用で電話連絡一切なし
金利 3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり
web完結 可能
無利息期間 なし
在籍確認 Web完結を選べば職場連絡なし
学生の利用 可能

SMBCモビット申し込み時に免許証以外で使える本人確認書類

本人確認書類 ・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
補足書類(発行日から6ヵ月以内のもの)
\職場への電話連絡なしにできる◎/

③アイフル

アイフル

アイフルは、WEBや電話以外に無人契約機から申し込み手続きが可能です。無人契約機では、その場で契約・ローンカードの発行ができます。

最短25分で即日融資ができるので、今すぐお金を借りたいという方におすすめです。

アイフルを利用するメリット

  • 最短25分で審査完了
  • 最短即日融資も可能
  • Web完結なら誰にも知られず借入可能!郵送物は一切なし
  • 初めての方は最大30日間利息0円
金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
web完結 可能
無利息期間 有り
在籍確認 無し
学生の利用 可能

アイフル申し込み時に免許証以外で使える本人確認書類

本人確認書類 ・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書
・在留カード
・個人番号カード(表のみ)
・各種保険証
・国民年金手帳
・母子健康手帳
・住民票
・戸籍謄本
・住民票記載事項証明書
補足書類(発行日から6ヵ月以内のもの) ・公共料金領収書:電気・ガス・水道・NHK・固定電話
・国税・地方税の領収書
・納税証明書
\最短1時間で即日融資可能/

④レイクALSA

レイクALSA

少しでも早くお金を借りたい方は、レイクALSAの利用がおすすめです。最短15秒で仮審査の結果を表示可能で、他社消費者金融会社と比べても圧倒的な早さを誇ります。

その他に最長180日の無利息期間もお得に利用できます。

レイクALSAを利用するメリット

  • 30日・60日・180日間から無利息期間を選べる
  • 24時間申し込み手続き可能
  • 最短15秒で審査結果を表示可能
金利 4.50〜18.00%
審査時間 申込み後最短15秒
融資スピード Webで最短60分融資も可能
web完結 可能
無利息期間 有り
在籍確認 有り
学生の利用 可能

レイクALSAの申し込み時に免許証以外で使える本人確認書類

本人確認書類 ・健康保険証(表と裏)
・パスポート(写真・所持人記載部分)
・マイナンバーカード(表面のみ)
・在留カード/特別永住者証明書(外国籍の方)
補足書類(発行日から6ヵ月以内のもの) ・公共料金の領収書:ガス・電気・固定電話(NTT)・NHK
・公的機関発行の書類:住民票の写し・印鑑登録証明書・水道使用料のお知らせ)
\最大180日間利息0円/

まとめ

この記事では、クレジットカードのキャッシングについて、審査や金利、利用方法、返済方法などを解説するとともに、カードローンとの違いやおすすめのカードローンなどを紹介してきました!

クレジットカードのキャッシングは付帯機能、カードローンは借入れがメインの機能となっています。

そのため、金利については、クレジットカードのキャッシングが高めに、カードローンが低めに設定されています。

さらに利用限度額については、クレジットカードのキャッシングは低く、カードローンは高くなっています。

つまり、クレジットカードのキャッシングよりも、カードローンのほうがお得だということです。

これからお金を借りたいという方は、クレジットカードのキャッシングではなく、カードローンを利用することをおすすめします

(参考:プロミスの審査に通る方法は?メリット・デメリットから審査基準や借入の流れを解説

(参考:【プロミスでお金を借りるための審査内容】借入〜返済まで詳しく解析

今や誰もが保有しているといってよいクレジットカード。実際には後払い機能として利用する方が多いと思われますが、キャッシングによりお金を借りることが可能です。ただし、意外に金利が高いということは知られていません。

そのため、最初からお金を借りる目的でカードを作成しようとする場合には、カードローンの方が金利が低くなるケースがありますので、申し込みを検討されると良いでしょう。とはいえ、最初から金利が低いわけではなく、利用度合いに応じて金利が下がっていく場合もあります。必要のないときに借りることはせず、実際に必要なときに借りる。当たり前ですがお守り代わりにカードローンは利用したいですね。そしてできる限り早く返済することも忘れずに!

 

この記事の監修者
FP伊藤

伊藤亮太

2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書に『図解即戦力 金融業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書』(技術評論社)、『ゼロからはじめる!お金のしくみ見るだけノート』(宝島社)、『あなたの街でも砂金が採れる!?~令和時代の砂金採り入門~』(Amazonオンデマンド)など多数。

公式サイト

関連記事