JCBカードWが選ばれる理由とは? 気になる評判やメリット・デメリットを徹底解説

JCBカードW

ポイントの貯まりやすさや充実した付帯サービスに定評のあるJCB CARD W。

しかし利用を検討されている方の中には、「メリットだけでなくデメリットはないの?」と気にされている方も多いかと思います!

そこでこの記事ではデメリットに加え、利用者のリアルな評判や具体的なカードの作り方など、JCB CARD Wに関する情報を網羅的に解説していきます!

これから使い始めたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね!

JCB CARD W(JCBカードW)とは?基本情報をご紹介

      

申し込み資格 18歳〜39歳
ポイント還元率 1.0%〜5.5%
年会費 永年無料
国際ブランド JCB
スマホ決済 Apple Pay・Google Pay
電子マネー JCBのタッチ決済
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・海外ショッピング保険
公式サイト JCB CARD W の公式サイトはこちら

JCB CARD W(JCBカードW)は、国際ブランドJCBが18歳〜39歳までの方を対象に発行している年会費無料のクレジットカードです。

通常のJCBカードと比べて還元率2倍になったり、セブンイレブンやスターバックスなどの提携店舗でお買い物すると最大で2倍〜10倍ものポイント還元を受けることができます。

ポイントの貯まりやすさやその他の付帯サービスの充実さから、2017年に発行されて以来多くの利用者を獲得している人気のカードです。

知っておきたいJCB CARD Wのデメリット5選

利便性の良さから多くの人に支持されているJCB CARD Wですが、デメリットもあります。

この章では下記のJCB CARD Wが抱える5つの欠点について細かく見ていきましょう。

  1. 40歳以上は発行できない
  2.  届くまでに時間がかかる
  3. JCBゴールドのインビテーションの対象外
  4. JCBスターメンバーズの対象外
  5.  WEB明細しかない

40歳以上は新規発行できない

JCB CARD Wの入会には18歳〜39歳という年齢制限があり、40歳以上の方は新しくカードを発行することができません。

一方で39歳までにカードを発行すると40歳以降も年会費無料・基本還元率1.0%で使い続けることができます。

既に年齢が40歳以上という方は、JCB一般カードなどのその他のカードの発行を検討してみましょう!

届くまでに時間がかかる

JCBの一般カードは即日発行・翌日配送ですぐにカードを受け取ることができます。

しかし、JCB CARD Wは審査自体は当日や翌日に結果がわかるものの、実際にカードが手元に届くのには5〜7日ほどかかってしまうという欠点があります。

そのため、もしすぐにカードが欲しいという方はJCB CARD Wではなく即日発行が可能なカードを選ぶようにしましょう。

JCBゴールドのインビテーションの対象外

インビテーションとは上位カードへの申し込み案内のことであり、カードのランクをアップさせる際に必要になります。

一般のJCBカードとは異なり、JCB CARD Wはどれだけ利用実績を積んだとしてもJCBゴールドのインビテーションが届くことはありません。

もし将来的にJCBゴールドなどの高ステータスカーが欲しいという方は、新規で一般のJCB CARDを発行するのがオススメです。

またJCB CARD WはJCBの上位カードのインビテーションは届きませんが、支払いの滞納や延滞などをせず信用情報に傷がついていなければ、他の上位カードを作る際に審査に通りやすくなります!

JCBスターメンバーズの対象外

JCBにはJCB STAR MEMBERSという独自のメンバーシップサービスがあります!

このサービスはJCBカードを利用すると自動的に登録され、メンバーは利用金額に応じて様々な特典やポイント付与を受けることができます。

残念ながらJCB CARD Wはこのサービスの対象外であり、スターメンバーズに加入することはできませんがご安心ください。

なぜなら、スターメンバーズは最大限に還元率が上がったとしても0.75%である一方で、JCB CARD Wは基本の還元率が常に2倍の1.0%となったりと、メンバーシップに入らなくても十分お得にポイントを貯めることができます。

メンバーだけに与えられた、「キャンペーンへの応募口数アップ」という特典を受けることはできませんが、ポイントの貯まりやすさなどそれ以外の面ではJCB CARD Wは優れた点が多いため、スターメンバーズに加入できなくてもそこまで気にすることはありません。

WEB明細しかない

JCB CARD Wの利用明細は紙では届かず、全てWeb明細となります。

そのため紙での明細が欲しいという方には少し不便に感じられるかもしれません。

しかし、Web明細であれば「My JCB」でいつでもどこでもカードの利用状況が確認できるほか、紙明細にある紛失のリスクなどを防ぐことができるため、そこまで不便に感じる点ではないと言えるでしょう!

ここがポイント!JCB CARD Wのメリット6選!

JCB CARD Wの人気を支える6つのメリットを紹介します

  1. 年会費が無料
  2. 高還元率でポイントが貯まりやすい
  3. 海外旅行保険が充実
  4. Amazonやスタバでの利用でさらにお得
  5. Oki Doki経由のネットショッピングでポイントアップ
  6. 追加のオプションカードも無料で発行できる

① 年会費が無料

下記の表のように他のJCBカードは初年度の年会費は無料なものの、2年目以降は年会費がかかってしまいます!

カード名 年会費
JCB一般カード 1,375円/年
JCBゴールド 11,000円/年
JCBプラチナ 27,500円/年

しかしJCB CARD Wは年会費が無料であり、年齢制限を超えて40歳以上になってもずっと無料で使い続けることができます。

入会費・年会費が無料でポイント高還元のカードは珍しいため、余計な出費を減らしながらカードを利用したいという方にもオススメの一枚です!

② 高還元率でポイントが貯まりやすい

JCB CARD WはJCB一般カードと比べて還元率が常に2倍であり、通常のJCB CARD であれば1,000円につき1ポイントが付与されますが、JCB CARD Wでは1,000円につき倍の2ポイントが付与されるためお得です。

またJCB CARD Wはお会計ごとではなく月の利用金額に応じてポイントが加算される仕組みとなっているため、カードを使えば使うほどポイントを貯めることができます!

その他にもJCBオリジナルシリーズパートナーズというJCBの優待てんでカードを使うと、もらえるポイントが2倍〜10倍にもなりさらにお得にポイントを受け取ることができます!

③ 海外旅行保険が充実

JCB CARD Wは、年会費無料であるにもかかわらず海外旅行傷害保険と海外ショッピング保険が付帯されるため、よく海外に行くという方にもオススメです。

海外旅行傷害保険 最大2,000万円
海外ショッピング保険 年間最大100万円

しかし、どちらの付帯サービスも旅費や航空券をJCB CARD Wで支払いをした時のみ適用されるものなので、注意が必要です!

④ Amazonやスタバでの利用でさらにお得

AmazonとスターバックスはJCBのオリジナルパートナーであり、JCB CARD WでAmazonの支払いをするとポイント3倍、スタバへのオンライン入金で10倍のポイントを受け取ることができます。

このようなポイントアップが狙えるJCBの優待店は豊富にあり、例として以下のようなお店やサービスがあります!

パートナー ポイントアップ
スターバックス 10倍
オリックスレンタカー 6倍
Amazon 3倍
セブンイレブン 3倍
メルカリ 2倍
ビッグカメラ 2倍
ドミノ・ピザ 2倍

しかしポイント倍率をアップさせるためには、事前にJCB ORIGINAL SERIESの公式サイトでポイントアップの登録をする必要があります。

⑤ Oki Doki経由のネットショッピングでポイントアップ

JCBが運営している「Oki Doki ランド」というポイントモールを経由してネットショッピングをすると、さらにポイントが貯まりやすくなります。

Oki Doki ランドの中には楽天市場やYahooショッピング!などを含めた約300店ものネットショップがあり、お店によってもらえるポイントが2倍から最大で20倍になるお店もあります。

【ポイントが20倍になる対象店舗の例】

  • ノートンストア
  • ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ(モバイル)
  • サンスターオンラインショップ

JCB CARD Wでお買い物をすると、JCB一般カードやJCBゴールドで決済するよりもお得にポイントを貯められるため、よくネットショッピングをするという方にとってはかなり利便性が高いです。

⑥ 追加のオプションカードも無料で発行できる

JCB CARD Wを保有していれば、JCBの会員専用Webサービス「MyJCB」から家族カードやETCカードを追加で申し込むことができます。

この二つのカードは発行手数料が無料であることに加え、解約手数料や年会費なども全て無料になります。

また家族会員は本会員と同様のサービスや補償を受けることができ、ETCカードの利用分もポイント付与の対象となるため、JCB CARD Wユーザーの方はセットで申し込むのがオススメです。

気になるJCB CARD Wの評判・口コミは?

これまでにJCB CARD Wのメリット・デメリットをご紹介してきました。
では実際にカードを利用している人たちはどのような感想をもっているのか。

下記ではJCB CARD Wの利用者たちのリアルな評判や口コミをまとめてみました。
まずは悪かった評判からみていきたいきましょう。

《悪い評判・口コミ》

【悪かった評判まとめ】

  • 39歳以下の人しか申し込めない
  • 支払い方法が少ない
  • 電子マネーへのチャージでポイントがつかない
  • 上限金額が少ない
  • デザインにバラエティ性が欲しい

39歳以下の人しか申し込めないのが残念。また支払いの方法がもう少し多ければなと思いました。指定日の銀行引き落とししかできないため、コンビニ払いやセブン銀行ATMでも支払いが可能な他のカードと比べると少し便利が悪い気がします。(40代 男性)

独自調査

カードの上限金額にすぐ達してしまうのが使い勝手が悪い。JCBカードWの上限金額は10万円でそれ以上増やすことはできないため、何か大きな買い物をする際には利用することはできない。またこれは個人的な好みですが、もう少しカードのデザインも選べると嬉しいです。(20代 男性)

独自調査

電子マネーへのチャージはポイントがつかない点です。電子化が進んでいるこの時代にはあまり適していないと思います。またJCBが使えないネイルをはじめ美容サロンが少ないため、もう少し利用できる加盟店を増やして欲しいです。(20代 女性)

独自調査

さて次は良い評判をみていきましょう!

《良い評判・口コミ》

【良い評判まとめ】

  • Amazonやスタバでポイントアップ!
  • 40歳以降も年会費が無料
  • 海外利用者への保険サービスが充実
  • nanacoと連携してセブンでお得のポイントを貯められる
  • 少額のお買い物に対してもポイントが貯まる!

定期的にポイントアップのキャンペーンがあるため、利用しているうちに気づいたらポイントが溜まっていることが多い。またJCBのパートナーであるAMazonやスタバはよく利用するため、お得にポイントをもらえて嬉しいです。(20代 女性)

独自調査

39歳までに作っていれば、40歳以降も永年無料で利用できるのがありがたいです。またよく海外旅行に行くので、海外旅行傷害保険やショッピング保険がついているのは嬉しい点ですね。もっと海外保険が充実しているカードはありますが、年会費無料でここまでのサービスを受けられるのは良い意味で珍しいカードだと思います。(40代 男性)

独自調査

よくセブンイレブンを使うのですが、nanacoとJCBの連携をするとnanacoをセブンイレブンで使えばJCBのポイントが2%還元され、同時にnanacoポイントも0.5%還元されるのがお得です。また年会費が無料でETCカードも付いているので、高速道路をよく使う我が家ではドライブをしながらポイントも貯めることができるのもありがたいです。(30代 男性)

独自調査

良いなと思う点は、ポイント付与の制度が月額に対して発生することです。1つ一つの買い物で発生した利用額に対してでなく、月額合計で計算することで、本来ならポイント発生に届かない少額の買い物からもポイントが発生するのがお得ですね。(20代 男性)

独自調査

カードを作る際には、事前にメリットやデメリットをしっかりと把握することが重要です。

これからJCB CARD Wの新規発行を検討している方は、ぜひ判断材料として参考にしてみてください。

「JCB CARD W plus L」との違いは?

JCBカードの中には「JCB CARD W plus L」という女性向けのカードがあります。

年会費無料や還元率などの基本的なスペックはJCB CARD Wと同じですが、plus Lには下記のような女性限定の特典が付帯されます。

  • 毎月女性向けの優待や抽選に参加できる!
  • 「月額290円~」で女性特有の疾病保険に入流ことができる
  • 毎月10日と30日にJCBギフトカード2,000円分が当たるチャンス!

JCBカードの中には「JCB LINDA(ジェーシービー・リンダ)」という女性向けのクレジットカードが元々ありますが、ポイントの還元率は0.5%なので、同じ女性向けクレジットカードでも還元率1.0%でお得に利用できるJCB CARD W plus Lを選ぶのがオススメです。

またJCB には毎月2回「LINDAの日(毎月10日・30日)」があり、抽選で2,000円分のJCBギフトカードのプレゼントや、JCBトラベル・映画の鑑賞チケットなど、様々な限定特典や優遇サービスを受けられるようになっています。JCB CARD W plus Lであれば、これらの特典も全て受け取ることができます!

JCBカードWの審査・申し込みについて詳しく解説

JCB CARD Wの審査の難易度は?

JCB CARD Wは若年層や学生向けのカードであるため、審査基準はそこまで高くありません。そのため18歳〜39歳という年齢制限を満たしていれば、比較的誰でも作りやすいカードになっています!

また収入がない主婦や主夫の方でも、配偶者に安定的な収入があれば入会することが可能です。

一方で過去に支払いの延滞などの金融事故を頻繁に起こしていたり、学生でも高校生はカードを作ることはできません。

カードの申し込み手順

  1. 支払い口座を設定して申請
  2. カード会社による審査
  3. 郵送でカードが手元に届く

JCB CARD WはスマホやパソコンなどWebからしか申し込むことができません。

申請の際に本人確認書類は不要であり、その代わり支払い用の口座情報が必要になります。そのためキャッシュカードなどの口座番号がわかるものを事前に用意しておくと、スムーズに申請手続きを済ませることができます。

また支払い口座に設定したい金融機関がサービス利用の時間外であったり、メンテナンスなどで機能が停止していると、口座設定ができない場合があるため注意が必要です!

JCB CARD Wで実施中の最新キャンペーン情報!

JCB CARD Wでは、新規入会する方を対象に様々なキャンペーンを実施しています。

そのため、これらのキャンペーンを利用してお得に入会するのがオススメです!

キャンペーン内容 期間
Amazonでの利用で20%キャッシュバック! 2022/4/1~2022/9/30

キャンペーンに参加するのに特にエントリーなどは必要なく、期間内にJCBカードWに入会すれば特典を受け取ることができます。

今ならJCBでAmazonの決済をすると20%キャッシュバック(最大で20,000円!)がもらえます。

その他のJCBでは新規入会特典を実施しているので気になる方はぜひ公式ページをチェックしてみてくださいね。

キャンペーンの内容や期間は定期的に更新されるため、新規発行を検討されている方は随時JCB CARD Wの公式サイトで情報をチェックするようにしましょう!

JCBカードWに関する気になるQ&A


この章ではこれから利用を検討されている方に向けて、JCB CARD Wに関するよくある質問をまとめています。

ぜひご参考にしてみてください。

Q1.どんな人にオススメ?

JCB CARD Wは下記の条件に当てはまる方に特にオススメです!

  • 年齢が18歳〜39歳の方
  • Amazonやスタバをよくご利用される方
  • ETCカードや家族カードもセットで求めてる方
  • ポイントが貯まりやすい高還元カードが欲しい方

JCB CARD Wは一般のJCBカードに比べて還元率が高く、さらにポイントがたくさんもらえる特約店も豊富にあります

年会費無料で、なおかつ追加のオプションカードも無料で発行できるなど便利なポイントがたくさんあるため、39歳以下でこれから新しいカードを作ろうと考えている方にはオススメの一枚です!

Q2.年齢が40歳を過ぎても使える?

18歳〜39歳までにJCB CARD Wを作った人は、40歳以上になっても年会費無料で使い続けることができます。

しかし39歳までカードを作らなかった人は、残念ながら40歳以降になってカードの新規発行をすることはできないため、注意が必要です。

Q3.学生でも作れる?

学生でも申し込み可能です。

クレジットカードの中には「在学中は年会費無料」という学生向けサービスを提供しているものもありますが、JCB CARD Wは卒業後も変わらず年会費無料で使い続けることができて便利です。

Q4.申し込んでからどれくらいで届く?

JCB CARD Wは発行されてから届くまでに平均して5〜7日かかります。

審査の結果自体は当日や翌日に届くこともあり、中には最短で3日ほどで手元に来ることもありますが、基本的に審査から使えるようになるまで1週間はかかるとみておきましょう。即日発行のカードではないので注意が必要です。

まとめ

JCB CARD Wは還元率が高く、お得にポイントをゲットできる提携特約店も豊富に用意されています。

ポイントが貯まりやすいだけでなく、そのほかの付帯サービスも充実した一枚ですので、18歳〜39歳の方はぜひご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

(参考:JCBカードWは高還元率だけど評判は微妙?メリットとやばいデメリットを解説

おすすめ記事