クレジットカードのリボ払いは地獄!その仕組みやデメリットを解説

リボ払い

両親や親戚から「リボ払いはヤバいからやめておけ!」や「リボ払いだけは絶対にするな!」など、口酸っぱく言われてきた人も多いのではないでしょうか。

リボ払いは毎月の支払いが一定のため、非常に魅力的な返済方法だと感じます。

ですが、手数料や管理面などデメリットも多いです。

実際に、リボ払いは手数料や金利が高いため、将来の支払いなどを考えると、利用しないほうがいいでしょう。

本記事では、リボ払いの仕組みや金利、実際に利用する危険性を解説していきます!

また、リボ払いで支払うメリット・デメリットも解説していくので、ぜひ参考にしてください!

【注意】クレジットカードのリボ払いは地獄…!

リボ払い

リボ払いはどれだけ決済に使っても、毎月の支払い金額が一定になります。

そのため、はじめてクレジットカードを作った人には魅力的な決済方法に感じるでしょう。

しかし、リボ払いの仕組みや金利をしっかり理解しておかないと、返済地獄に陥る可能性があります。

実際に「リボ払いで借金が膨れ上がった」や「全然返済額が減らない」など、リボ払いに悩んでいるという体験談を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

はじめにリボ払いの仕組みや金利を解説していきます。

リボ払いの仕組み

リボ払いの返済方法には、定額方式残高スライド方式という仕組みを採用しています。

定額方式とは、利用残高が増えても、月々の返済金額を一定にする仕組みです。

そのため、毎月の支払い金額が変わらないので、毎月の支払い管理がしやすいです。

どれだけの金額を使っても返済額が一定のため、魅力的に感じる人も多いでしょう。

ただし、毎月の返済金額を低めに設定してしまうと、返済期間が長期化してしまうため、手数料がかさんでしまいます。

そのため、リボ払いは手数料や利息などが多くなり、実際の返済金額はかなり高くなってしまうデメリットもあります。

一方、残高スライド方式とは、クレジットカード会社が予め設定している支払い残高によって毎月の返済金額が変動する仕組みです。

例えば、利用総額が10万円未満だった場合は毎月5千円の返済でいいですが、利用金額が10〜15万円になった場合は毎月の返済金額が1万円になります。

そのため、今自分がどのくらいクレジットカードを利用しているか把握しておかないと、次回の返済金額は上がってしまいます。

リボ払いの金利

リボ払いの金利はクレジットカード会社によって異なりますが、15%前後が相場となっています。

金利15%のクレジットカード会社を定額方式のリボ払いで利用するとしましょう。

リボ払いで50万円の買い物をして毎月1万円ずつ返済していく場合でも、4年以上かけて返済しなければいけません。

また、返済期間が長期化すると利息が膨らみやすいというデメリットもあります。

借金には完済できるまで利息が発生します。

返済期間が長期化してしまうと、その分利息もどんどん増えていくため、実際の返済金額は元金以上となるでしょう。

リボ払い・分割払い・キャッシングの違い

リボ払いと分割払いは、両方とも複数に分けて返済していくという特徴を持っています。

分割払いとは、決済金額に利息を加えた金額を分割して支払います。

そのため、毎月の返済金額を設定できません。

一方で、クレジットカードにはショッピング枠とは別に、キャッシング枠も存在します!

キャッシング枠はクレジットカードでお金を借りられます。

ただし、キャッシング枠のほうがリボ払いよりも手数料が高いため、利用は計画的に行いましょう。

リボ払いのメリット・デメリット

ここからは、リボ払いのメリット・デメリットを紹介していきます。

リボ払いのメリットやデメリットを知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

メリット

はじめにリボ払いを行うメリットを紹介していきます。

リボ払いを行うメリットは以下になります。

  • 毎月の支払いが一定額だから支出管理がしやすい
  • お金に余裕ができたら前倒しで返済できる

それぞれ詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

毎月の支払いが一定額だから支出管理がしやすい

リボ払いは返済金額が一定のため毎月の支出が管理しやすいと言えるでしょう。

リボ払いではどれだけ使っても、毎月の返済金額が一定だから「来月の支払いがヤバい!」なんてことにならないでしょう。

また、月々の支払い金額を把握しやすいため、銀行口座の残高不足という緊急事態も防げるでしょう。

リボ払いは毎月の支払い額が一定のため、引き落とし口座に入れておくべき金額の予想が立てやすいです。

急に大きな請求が発生しないため、「引き落とし日に残高が不足していて支払いができなかった。」というリスクも減らせます。

そのため、緊急な出費でも家計に響きにくいメリットを持っています。

お金に余裕ができたら前倒しで返済できる

リボ払いには、前倒しで返済できるメリットがあります。

前倒しで返済することで、収入に応じて支払いを調整できたり、手数料の節約できたり、さまざまなメリットへつながるでしょう。

リボ払いは一度返済額を設定したら、返済完了までその金額を支払い続けなければいけないというわけではありません。

お金に余裕がある月は、前倒しで返済するという選択肢もあります。

そのため、買い物をした時にお金がなくても、「少しの間はリボ払いでコツコツ返済していって、収入の目処が経ったら一気に返す」という返済計画も立てられます。

通常返済に合わせて、お金にゆとりがある時に繰り上げ返済を行うことで、手数料分の節約にも繋がります。

毎月の支払額を少なくできるメリットを受けながら、できる限り早めに返済を行って、手数料を減らしてくことが、リボ払いの賢い使い方と言えるでしょう。

デメリット

リボ払い

ここからは、リボ払いのデメリットを紹介していきます。

リボ払いのデメリットは以下になります。

  • 手数料がかかる
  • 自分がいくら借金しているのか把握しづらい

それぞれ詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

手数料がかかる

リボ払いは、単純に支払い残高を分割して返済するだけでなく、支払い方法や返済期間に応じて、一定の手数料が生じる仕組みとなっています。

一般的には、年利15%と設定しているクレジットカード会社が多いです。

リボ払いは返済期間が長くなると、当然ながら手数料も多くなっていくでしょう。

そのため、リボ払いを選択する時は、支払いを遅らせることができる分、支払い総額が高くなる可能性があることも理解しておきましょう。

自分が何円借金しているのか把握しづらい

普段の買い物をすべてリボ払いにしていると、知らない内にリボ払いの残高が膨れ上がってしまっています。

そのため、「全部でいくら返せばいいのかが把握していない」というデメリットが発生します。

毎月の支払い金額が一定であっても、いつまでも支払いを続けていると、いつの間にか手数料の金額が膨大になっているなんて体験談を聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

便利だと思って使いはじめたリボ払いも、実際に使っていくと大損してしまう可能性もあります。

それを防ぐためにも、リボ払いの利用は最小限にとどめておかなければいけません。

常に、支払い残高を確認しながら、余裕がある時は前倒しで返済を進めることをおすすめします。

前倒しで返済していくと、その分の手数料や利息を減らすことができ、結果的に返済金額を減らせます。

そのため、生活費に余裕がある場合はすこしでも多く返済していきましょう。

初期設定がリボ払いになっている要注意クレジットカード

ここからは、初期設定がリボ払いになっている要注意クレジットカードを紹介していきます。

クレジットカードを発行してからしっかりと確認しておかないと、知らず知らずのうちにリボ払いで決済をしていることになります。

ここで紹介するクレジットカードは以下になります。

  • JCB CARD R
  • 三井住友カード リボスタイル
  • ACマスターカード

それぞれのクレジットカードの特徴を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

JCB CARD R

JCB CARD Rは2018年9月に誕生したJCBカードです。

ポイント還元率が高く、年会費が無料なリボ払い専用のクレジットカードです。

そのため、はじめからリボ払いに設定されています。

ポイント還元率はJCBカードの4倍となっており、100円ごとに2円分のポイントが貯まっていきます。

また、海外旅行やショッピング、破損などさまざまな付帯保険も付いています。

また、年会費が永年無料のため、長く使えるクレジットカードと言えるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%~6.5%
国際ブランド JCB
発行スピード 最短3営業日
追加カード 家族カード、ETCカード

三井住友カード リボスタイル

三井住友カード リボスタイルは、日本最大手のクレジットカード会社である三井住友カードが発行しているリボ払い専用のクレジットカードです。

日本最大手なので、信頼感や安心感があるのでしょう。

国際ブランドも、海外での加盟店が多いVISAブランドとなっているため、使える場所が広いというメリットがあります。

ポイント還元率も通常の三井住友カードの2倍となっているため、よりお得に利用できます。

また、年会費が永年無料のため、長く使えるクレジットカードと言えるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%~1.0%
国際ブランド VISA
発行スピード 最短翌営業日
追加カード 家族カード、ETCカード

ACマスターカード

ACマスターカードは、大手消費者金融機関であるアコムが発行しているクレジットカードです。

最短即日可能なクレジットカードのため、すぐにクレジットカードを受け取ります。

以下の方法で申し込みを行ったあとに、店頭窓口や自動契約機での受け取りを選択すると、即日発行してもらえます。

  • インターネット(スマートフォン・ケータイ・パソコン)
  • 電話(18時までの受付で当日回答)
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)

そのため、クレジットカードがすぐに手元に来るため、すぐに利用できます。年会費も永年無料のため、長く使えるクレジットカードとしておすすめです。

年会費 永年無料
ポイント還元率 なし
国際ブランド MasterCard
発行スピード 最短即日
追加カード ETCカード

リボ払いの返済に困ってしまったら…返済方法

リボ払いの返済に困ったら、無料の相談窓口を利用しましょう。

  • 弁護士・司法書士
  • 日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)
  • 日本司法支援センター
  • 日本クレジット協会

弁護士や司法書士は、リボ払いの相談を受けると借金を減らせる方法について、具体的な返済計画などを提案してくれます。

債務整理に注目している事務所の場合は、無料で相談できるケースも多いです。

また、日本クレジットカウンセリング協会は、全国各地に窓口を置いており、多重債務者の相談を受け付けています。

3年程度の支払いで任意整理が完了すると判断されれば、無料で任意整理手続きのサポートも行ってもらえます。

そのため、任意整理の手続きのやり方がわからない人でも安全に進められます。

日本司法支援センターは、法律相談や専門家などの紹介をしている機関です。

たとえば、適切に手数料や返済期間を減らすためのアドバイスや任意整理を専門に扱っている事務所を紹介してもらえます。

そのため、どの弁護士事務所に相談すればいいのかわからない人は安心して、比較できるでしょう。

そのため、リボ払いの返済に困った場合は、すぐに無料の相談窓口を利用しましょう。

まとめ

今回は、クレジットカードのリボ払いの仕組みや金利、実際に利用するメリットを紹介していきました。

リボ払いは毎月の支払いを一定にできるため、どれだけ使っても毎月の支出に大きな影響はありません。

ただし、高い手数料や金利が発生します。

また、毎月の支払い金額を低く設定していると返済期間が高くなるため、金利や手数料が膨らみます。

そのため、支払い総額がかなり多くなることも理解する必要があります。

クレジットカードの利用は返済の計画をしっかり立てましょう。

リボ払いのメリット・デメリットを正しく理解して使えば、リボ払い専用のカードは便利なものとなります。ただ、本記事にも紹介されているようにカードにより返済方法などにも差異があります。その点にも着目して自分に合ったものを選びましょう。

また、リボ払いを上手く利用するのにはお金のコントロールが必要です。具体的には「収入が減少してきたら返済額を抑えて、収入が増えてきたら一部でも繰り上げ返済をする」返済のリズムを作ることです。これができると、今よりも低利のものがいち早く利用できるかも知れません。ただし、利息も含めた想定外の借り過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

 

監修者プロフィール
FP木村さん

木村正人

FP1-オフイス21 代表
19年間「FP相談・プラン実行のサポート」をしている。日経セミナー・パナソニックなどでの講演の他。金融機関での研修・原稿(執筆・監修)など多数。

FP1-オフイス21公式サイト

関連記事