リクルートカードは年会費無料なのに還元率1.2%!ポイ活にもおすすめ

お金

年会費永年無料やポイント還元率の高さが魅力のリクルートカードですが、利用する際にどんなメリット・デメリットがあるのか、利用者の評判や口コミが気になる方もいるのではないでしょうか?

また、リクルートカードの審査について、詳しく知りたい方もいると思います。

  • リクルートカードのメリットだけでなくデメリットが気になる
  • 年会費無料のリクルートカードだけど利用するメリットはあるの?
  • リクルートカードの審査基準を知りたい
  • リクルートカードの審査に落ちる人はどんな人?

当記事では、そのように考える方に向けて、リクルートカードのメリット・デメリットをはじめ、審査に関する情報を解説しています!

リクルートカードの特徴

リクルートカード

リクルートカードは年会費永年無料で、通常ポイント還元率も1.2%と高いです。

他社クレジットカードのポイント還元率は、0.5%〜1.0%なのが一般的ですが、リクルートカードはそれらを超える還元率の高さを誇ります。

年会費 年会費無料
還元率 1.2%
家族カード  あり(年会費無料)
ETC あり(年会費無料、JCB以外は新規発行数100円が必要)
電子マネー 楽天Edy、Suica、QUICPay

リクルートカードの年会費

リクルートカードは年会費永年無料です!

初年度のみだったり、条件達成で年会費無料になるといったこともありません。

また、本会員カードだけでなく、家族カードやETCカードも同様に年会費永年無料です。

リクルートカード利用者の評判・口コミ

リクルートカードの利用者からの評判・口コミから、利用する際のメリットやデメリットを知ることが可能です。

こちらでは、リクルートカードを利用する際のメリット・デメリットを詳しくお伝えします。

良い評判・メリット

リクルートカードの口コミで見られる良い評判、利用する際のメリットが以下の5点です!

  1. 年会費無料のクレカなのに高還元率
  2. 電子マネーへのチャージでもポイント還元
  3. Pontaポイントが貯まるので「ポン活」ができる
  4. 家族カードもETCカードも無料で作れる
  5. リクルート系サービス(ホットペッパー、じゃらんなど)を使うとお得

それぞれのメリットについて解説していきます。

①年会費無料のクレカなのに高還元率

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5~1.0%ですが、リクルートカードは年会費無料にもかかわらず1.2%の高さです。これは数あるクレジットカードの中でもトップクラスの還元率といえるでしょう。

さらにリクルートカードのポイント還元対象は毎月の利用総額となり、会計ごとではありません。端数が切り捨てられることもなく、1ポイントも無駄が出ない仕組みです。

②電子マネーへのチャージでもポイント還元

通常のクレジットカードは、電子マネーにチャージした金額はポイント付与対象外です。

しかし、リクルートカードは電子マネーにチャージした際も1.2%のポイントが還元されます

国際ブランドによってポイント対象の電子マネーが異なり、付与されるのは利用金額を合算して月間30,000円までです。

  • JCBブランド:モバイルSuicaへのチャージ可能
  • Mastercard・VISA:楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCAへチャージ可能
    ※Apple PayはMastercardとVISAのみ

③Pontaポイントが貯まるので「ポン活」ができる

リクルートカードの利用で貯まるリクルートポイントは、Pontaポイントに等価交換できます。Pontaポイントの提携店は全国各地にあるので、ポン活をすることが可能です。

Pontaポイントが使える代表的な店舗とサービスは以下を参考にしてくださいね!

  • ローソン
  • 高島屋
  • ライフ
  • ケンタッキーフライドチキン
  • GEO
  • はま寿司

この他にも幅広いジャンルでPontaポイントを利用できます。

④家族カードもETCカードも無料で作れる

リクルートカードは年会費永年無料にもかかわらず、家族カードやETCカードも無料で発行できる充実ぶりです。

無料で発行可能な家族カード、ETCカードともに利用金額に応じたリクルートポイントが貯まります。

  • 家族がお買い物の支払いに家族カードを利用する
  • 高速道路の通行料金の支払いにETCカードを利用する

上記のようなケースで、100円の利用あたり1.2ポイント貯まってお得です。

ただし、ETCカードは年会費無料ですが、カードブランドがMastercardとVISAは1,100円(税込)の新規発行手数料がかかります。(JCBは無料)

⑤リクルート系サービス(ホットペッパー、じゃらんなど)を使うとお得

リクルートと提携するサービスを利用すると、さらに効率良くポイントが貯まります。1.2%の通常ポイントに加えて、提携先サービスが設定するポイントも付与されるからです。

リクルートの提携サービスは以下のとおりです。

  • ポンパレモール
  • じゃらん
  • ホットペッパー
  • ホットペッパービューティー

悪い評判・デメリット

リクルートカードの口コミでは、良い評判以外に悪い評判もいくつか見られます。

リクルートカードを利用する際のメリットが以下の2点です。

  1. ポンパレモールの利用が不便
  2. 海外旅行保険が利用付帯

ただし、事前にデメリットを把握しておけば事前に回避策を見つけて取り入れることが可能です。

①ポンパレモールの利用が不便

ポンパレモールとは、リクルートライフスタイルの運営するECショッピングモールです。

リクルートカードを持っていればポイント優遇などの特典がありますが、リクルートカードユーザーの中には利用が不便といった評判が見られました。

出店店舗数も他のECショッピングモールと比べて少ないことも、ユーザーからの評判を下げる理由かもしれません。

②海外旅行保険が利用付帯

リクルートカードは年会費無料にもかかわらず、旅行保険が付帯します

海外旅行は最高2,000万円、国内旅行は最高1,000万円が補償されますが、 旅行保険の利用条件は利用付帯です。

旅行前もしくは旅行中にツアー代金や交通費をリクルートカードで支払わないと保険が適用されません。保険を活用したい場合、必ずリクルートカードで支払いを済ませましょう。

【リクルートカードの審査基準】審査にかかる時間は?

審査基準については、リクルートカードだけでなくどのカード会社も非公開です。審査を受ける前に明確な審査基準を知ることができません。

とはいえ、リクルートカードの申し込み条件から審査の傾向を把握することは可能です。

そこで、リクルートカードの申し込み条件をチェックしておきましょう。

  • 18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生を除く18歳以上で学生の方)

申し込み条件をクリアしない方は、どんなに年収や地位の高い方でもリクルートカードに申し込めません。

申し込み条件をクリアできる方のみ、新規入会申し込み手続きへ進めます。

手続き完了後、リクルートカードの入会審査が始まります。

リクルートカードの審査にかかる時間は、早ければ10~15分程度ですが、申し込み内容に不備があると、審査結果が出るまでに時間がかかる場合があるので注意してください。

その他に申込者の他社借金残高や件数が多いと、返済能力を判断するために審査時間がかかりやすいです。

審査落ちする人の5つの特徴

リクルートカードの審査に落ちる人に共通する特徴が以下のとおりです。

  1. 過去に金融事故を起こした
  2. 申込内容に不備や虚偽がある
  3. 在籍確認に対応できなかった
  4. 同期間にリクルートカード以外のクレジットカードに申し込んだ
  5. 安定した収入がない

リクルートカードに限らず、審査に落ちた場合の理由を教えてもらえません。

何が審査に影響を及ぼすのかを事前に把握しておきましょう。

①過去に金融事故を起こした

リクルートカードの審査でもっとも重要なのが申込者の個人信用情報です。

なぜなら、申込者の個人信用情報に金融事故を起こした履歴があると、信用力を失い審査通過が難しくなるからです。

金融事故とは、以下の状態を指します。

  • 3ヵ月以上の延滞
  • 強制解約
  • 債務整理(自己破産、任意整理、個人再生)
  • 代位弁済

過去のクレジットカードやローンの利用で金融事故を起こすと、その事実が個人信用情報に残ります。

個人信用情報に金融事故の情報が残るのは最長10年間です。

その間は、リクルートカードはもちろん、その他のすべての信用取引において審査通過が難しくなります。

②申込内容に不備や虚偽がある

リクルートカードの申し込みフォームには、間違いなく入力することが審査通過において重要です。入力内容が事実と異なる場合、審査に落ちる原因になります。

また、審査通過の可能性を上げたいがために、虚偽の内容を入力するのも厳禁です。

「嘘を付くような人は信用できない」となり、審査に落ちてしまいます。

特に年収や勤務先などの嘘は、個人信用情報からすぐにバレるので注意してください。

③在籍確認に対応できなかった

リクルートカードの審査では、申込者の勤務先に在籍確認の電話を掛けます。申し込み時に申告があった勤務先で本当に働いているかどうかを確認するのが目的です。

在籍確認の電話に対応できない場合、勤務実態を確認できないので審査落ちを避けられません。

在籍確認の電話は申込者本人が対応しなくても大丈夫です。申込者以外の従業員が「〇〇(申込者)は席を外しております」という返答でも、在籍確認は完了します。

④同期間にリクルートカード以外のクレジットカードに申し込んだ

同期間にリクルートカード以外のクレジットカードに申し込むことで、審査に落ちる可能性を高めてしまいます。なぜなら、申込者の返済能力を疑われるからです。

リクルートカードの審査では、信用情報機関に申込者の個人信用情報を照会します。

信用情報を照会した情報は6ヶ月間保管・管理されるため、6ヶ月以内に申し込んだクレジットカードの情報はすべてリクルートカードへ伝わることになります。

短期間に複数のクレジットカードに申し込むと、「お金に非常に困っている」「借りるだけ借りて自己破産を考えているのでは?」などと判断されやすいです。

具体的に何社以上申し込むと審査に不利といった決まりはありません。

しかし、審査通過の可能性を少しでも上げたいのであれば、申し込みをするのはリクルートカードだけにしたほうがいいでしょう。

⑤安定した収入がない

リクルートカードの申し込み条件として「安定した収入があること」を掲げています。

そのため、申込者本人もしくは配偶者(学生の場合は保護者)に安定した収入がない場合、審査通過が難しくなるのです。

安定した収入とは、一定の収入を継続して得ている、毎月の収入に激しく変動がない状態を指します。

日雇いのアルバイトで収入を得ている方や職業を頻繁に変えている方、投資などで収入を得ている方は、安定収入がないと見られやすいです。

無職でもリクルートカードに申し込める?

リクルートカードは無職でも申し込みできます。

ただし、申込者本人が無職の場合、配偶者に安定継続収入のある方が申し込み対象です。

配偶者がいない独身者、配偶者がいても安定収入がない状態では、リクルートカードに申し込めません。

また、18歳以上の学生がリクルートカードに申し込む場合、親権者に安定継続収入のあることが申し込み条件です。

リクルートカードの新規入会キャンペーン情報!

リクルートカードでは、新規入会(JCB限定)と利用で最大6,000円分のポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。(2021年9月現在)

リクルートカードの新規入会キャンペーン内容

①新規入会で1,000ポイントプレゼント(リクルート期間限定ポイント)

②リクルートカード初回利用特典で1,000ポイントプレゼント(リクルート期間限定ポイント)

③携帯電話料金の決済で4,000ポイントプレゼント(リクルート期間限定ポイント)

リクルートカードに入会して必ずもらえるのは1,000円分のポイントですが、条件をクリアすれば最大6,000円分のポイントをもらえます。

リクルートカードの申し込み方法

リクルートカードの申し込みはWEBから行えます。

最初にリクルートカード公式サイトにアクセスしましょう。

リクルートカードの申し込み手順
  1. リクルートカード公式サイトにアクセス
  2. カードのお申込みはこちらのタブを選択
  3. リクルートID(メールアドレス)とパスワードでログイン(リクルートIDを持っていない方は新規登録が必要)
  4. カードブランド(Mastercard、JCB、VISA)の選択と規約に同意
  5. カードの申し込みに必要な情報を入力
  6. 入力内容を確認して間違いなければ「申込む」を選択
  7. 申し込み完了

クレジットカードが手元に届くまでどれくらいかかる?

リクルートカードの申し込みに不備がなければ、通常1~2週間程度で手元に届きます。

ただし、申し込みが混雑していると、カード到着までに時間がかかる可能性があります。

リクルートカードに申し込みを決めたら、少しでも早めに手続きをしたほうがスムーズです。

まとめ

リクルートカードは、年会費永年無料でポイント還元率が高いクレジットカードです。電子マネーにチャージする際にリクルートカードを使ってもポイントが貯まるので、積極的に活用していきたいですよね。

リクルートカードは年齢・安定収入・個人信用情報の内容と3つの条件を満たしていれば審査通過の可能性は高いです。

ぜひこの機会にリクルートカードを手に入れてみましょう。そして、ポイントをお得に貯めたら、買い物やレジャーなどに役立ててくださいね!

関連記事